情報MAX-美しく健康的な生活のために!

流行の美容コスメとダイエット情報、インターネットを使って稼げる副業とアルバイト情報、リフォーム体験談、趣味の映画やDIY木工、吹奏楽、フルートなど音楽のお話。

発見

裏起毛のあったかチュニック買ったらすごい静電気で毛玉だらけになった件!

投稿日:

今流行りの裏起毛の暖かチュニック、買いました~
膝丈くらいまでのロングタイプなのでポカポカに着れる
と、さっそく着てみました。

ところが・・・・・問題発生

すっごい静電気

まとわりつくし、紙を持つとフワフワするし、ホコリを吸い寄せるし

気が付くとボトムに毛玉がびっしり

今時こんなに毛が抜ける素材って・・・
信じられません

まだ買ったばかりだし、返品しちゃおうか、
などと思いつつ、この毛玉は静電気がなければできないのかな?

と、調べてみました。

静電気は・・・・・
「異なる素材の衣類と衣類がこすれると片方はプラス、もう片方はマイナスの電気を帯びることがあり、衣類から静電気が「放電」されることにより起こる現象です。」

プラスの電気を帯びる繊維とマイナスの電気を帯びる繊維があり、プラスの繊維とマイナスの繊維がこすれあうと静電気が発生されやすくなります。

プラスを帯びやすい素材
・ナイロン
・ウール・毛
・レーヨン

マイナスを帯びやすい素材
・アクリル
・ポリエステル
・アセテート

帯電しにくい素材
・木綿
・麻
・絹

重ね着するときはプラス同士、マイナス同士で組み合わせると静電気は起きにくい。
綿や絹などは電気を帯びにくいので、綿や麻のような帯電しにくい素材を取り入れるのも良さそうです。

静電気の起きやすい環境もあるようで、
気温が低く、湿度が低い乾燥している冬は特に要注意です。

洗濯の際に柔軟剤を入れることで、繊維同士の摩擦を防いだり、水分が静電気を逃がしたりする効果が期待できるようです。

静電気を防ぐためのスプレーや、ブレスレットなどを使うというのもありですね。

なるほど

寒さ対策にポリエステル素材の物が多く出回っています。
今回毛玉だらけになってしまったチュニックとパンツは両方ともポリエステルでした。

同素材なら静電気は起きにくいはずですが、ポリエステル自体が静電気を起こしやすい素材なんですね。

形も、ロングタイプなので歩くだけで繊維の摩擦が起きてしまいます。
このデザインも静電気発生の原因ですね。

家にある服の素材を確かめてみました。
フリースとか、裏起毛とか冬の寒い時期に活躍する服はポリエステル素材の物が多いです。
こういう場合は、下着やボトムには綿素材の物を選んだほうが静電気予防になりますね。

今までデザインとお値段だけで選んできたお洋服達ですが、
これからは素材をもっとチェックします。

-発見
-, , , , , , , , ,

Copyright© 情報MAX-美しく健康的な生活のために! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.